2015年1月31日土曜日

楽器との親密度



昨日も火曜個人練習
カヴァキーニョ担いでえっちらおっちら
実は家でる前にMaterとRogerioSantosを
弾き比べていたんだけども
Mater弾きやっすーーーーーーい!
でもここ最近ずっとRogerioSantosを
弾いてたので手が慣れてしまって
弾きやすいのにMaterには違和感がある
こういう事が本番でなんかギターと
距離感を感じてしまうのと同じ事なのかも

月曜も音楽も好きなんだけども
楽器自体が好きなんだよねって
話をしてましたですが
楽器ってひとつひとつ違うんですよね

エレキ時代いろんなギターを買ったけど
結局フェンダーメキシコかどっかの
安いテレキャスター1台を改造しながら
ずっーーーと使ってましたが最高でした
ロックやめてその楽器を手放すまで
他のギターが欲しいなんて
ずっと考える事がなかったくらいです

自分が楽器を信頼してなければ
楽器との信頼度も親密度もうまれない
テレキャスの時は楽器自体の調子や
メンテナンスどのタイミングで弦を替えるとか
その結果ライブで弦を切ることもないし
安心して歌う事に集中できてたよなぁと

今後は考え方をちょっと変えて
生きてる間だ楽器を弾きたおすとして
後20年30年?弾いてるかなぁ
カヴァキーニョにしてもギターにしても
楽器はひとつに絞って弾きつぶす覚悟で
練習もライブ本番もやってみようかなと

カヴァキーニョはもちろん最高に弾きにくい
ロジェリオサントスジャカランダ!(笑
ガットギターは写真のTearsのBossaを
練習に登場させて行こうとかなと思います

��人 )精進精進










0 件のコメント:

コメントを投稿