2015年1月31日土曜日

自宅でカヴァコ実験



月末仕事で帰宅は遅かったけど
ちょろっと気になる事を
自分で楽器弾いて録音してみる

いつも思うけど誰から教わる事もなく
独学だけ弾いてるカヴァコだけど
本当に大丈夫なのだろうか...

まぁコード見てカヴァコ弾くだけなら
だいぶん慣れてきたんだけど

弾きながら歌えるか?
弾きながら表現できるか?

まぁそんなところを
コントロールしたいというか
表現したいって思う次第で
カヴァコMater、Arias
んでバンジョーAriasと
��本弾いて歌って録音してみた

カヴァコでもフロント側と
ブリッジ側でどのくらい
表現が違うのかと言うと
弾いている時は音色が
もちろん違うような気がするのだけど
録音してみるとそんなに差がない!

カッティングの粒の細かさとか
無意識にやっているとこと
意識的にやっているとこと
なかなかどうしてブリッジで
カリカリだなぁって思ってる方が
綺麗に表現できてる!

MaterとAriasだと
弾きやすさ音の大きさはMater圧勝です
でも気付いたのが弦と弦の隙間
Materの弾きやすさはの弦間が広い
だから左手の押弦がとてもやりやすい
しかもネックが厚いからチカラがいらない

でも今の自分の単音もコードも弾いて
ミュートやアルペジオも使うスタイルだと
実際右手が狭い事も重要だなと

だいたいサウンドホール前から
ブリッジよりあたりで
軽く弾くことを練習してるので
これは右手をとるか左手をとるかですな

バンジョーカヴァコではもっと
弾いてる場所による差が極端
こちらは振動の強さが大切みたいで
ブリッジよりだと皮が鳴らない感じ
ネックとボディのつなぎ目あたりが
もちろんストロークもしやすいけど
音もころころ感も良かった
これがウクレレみたくネック(指板)上だと
変な音になっちゃうんだよね
これはYOUTUBEなどで色々
見た動画と結果同じ感じだった

カヴァコとバンジョーだと
アルペジオは雲泥の差です
そんなん当たり前っちゃ当たり前ですが

ピックの硬さとかでも
左右されるだろうけど
今の自分のスタイルだと
バンジョーよりカヴァコ
カヴァコもMaterよりはArias
いまんとここんな結果になりました

ほんの数分だけ録音したけど
こういうことがわかるから
録音して聞いてって重要だな

後はサイレントカヴァコで
ちょろちょろと練習してましたら
写真みたいに左の指先がボロボロに

ゞ(TεT;)ブッ

個人やパゴーヂではArias
サンバチームではMater
野外で遊ぶ時はバンジョー
ってな使い分けですね

要するに


今まで通り

��人)ちーん

おそまつさまでした







0 件のコメント:

コメントを投稿