2015年1月31日土曜日

ある意味残念な結果かも



先日のスタジオで新しく買ったギターが
弾きやすいけど音がダメダメと書いたのですが
ビデオにとったりいろいろしていると
生音が小さい事が判明しました
もちろんその生音拾ってるパッシブマイクも
音質に問題あるような気もしながら
購入した工房にメールをするけども
うーん返事はいっこうにない始末

分析するとBossaを意識した表松単板
サイドバックはローズ合板で音が小さい
これってDi GiorgioのTarregaを
意識してるんじゃないのかな???
Tarregaはボサノヴァで有名な
ジョアンジルベルトの使用していたギター

もっともボサノヴァに興味のない私は
とんでもない勘違いでこのギターを
購入してしまったのかもしれない

しかしながらとっても弾きやすいんですよね
ネックが太いのって苦手な人が多いけど
自分はギターもカヴァキーニョも太ネックが好き

まぁ大音量なモジョでは使うのは不可能
そういう割り切りはできました
いつやるか謎だけど一人で
ギター弾き語りをする時を想定して
良い音がでるような対策を考えないといけない














0 件のコメント:

コメントを投稿