2015年1月31日土曜日

ボクの中にある音楽



久留米ココチカフェさん
震災チャリティイベントで
ライブをさせて頂きました
写真は震災後の石巻で
再開した工場で作られた焼そば

うちらのライブは上々
弦切れコールはあったけど
切らなかった ゞ(TεT;)ブッ
その後ゴーちゃんが歌ったんだけど
歌う前にメッセージ
自分たちが取り組んできた事
なかなか感動しました
その後はイマジンを日本語で

ただ演奏して終わりの
ライブには意味がない
ブラジル音楽だろうが
どんな音楽だろうが
伝える努力ないライブは
やりたくない

前の日の夢に
数年前に亡くなった
福岡ブラジルをけん引してた
本村さんが出てきた
「ジロちゃんは
好きな音楽を好きなように
楽しんで演奏すれば良いよ」
って言ってた

もともと声が変でデカイくらいで
歌も楽器もなんの才能もない
音楽的な知識もないそんな輩が
踊らせようとか
聞かせようとか
感動させようとか
拍手喝采をあびようとか
そんな事を考える事が間違いで

自分の好きな音楽を
自分が歌って
自分が弾いて
自分が踊って
自分が感動して
いつか自分自身に
拍手できるようになれば良い

そんな事を思う次第です

m(_ _)m






0 件のコメント:

コメントを投稿