2015年1月31日土曜日

夜しか泳げない



夜しか泳げない

扇風機はカタカタと 煙った空気をかきまわして
テレビは今じゃあまり見られない 砂の絵を描いてる頃
にわとりの代わりに ざわめきが朝を教えてくれ
ここで暮らすほとんどの人に 気にかけてもらえない空に
太陽が入ってくる

夜しか泳げない 魚は 影を連れて歩かない
だけど 光だけが光じゃない ことだけは
太陽より知っている

アルコールとニコチンでもたれた血を シンデレラでとばし
グラスの中にきれいさっぱり消えていく氷に 憧れたりする
いったい何をはっきりさせようとしたんだ 手のひらは言い
秒針にはりついたって 俺とは踊れないよ
時計は言う

夜しか泳げない 魚は 影を連れて歩かない
だけど 光だけが光じゃない ことだけは
太陽より知っている

消された街の真珠は 皺だらけの顔に戻り
いろんなホタルたちが 羽をたたみ地面へ降ってきた
今夜の儲けとツケを 破けたポケットにつっ込んで
あくびに肩を抱かれ 反対側のホームに立つ

夜しか泳げない 魚は 影を連れて歩かない
だけど 光だけが光じゃない ことだけは
太陽より知っている


Sionさん
やっぱええな

ずっと夜の人間だった
いまは夜も昼もない
そんな世界だよ

だけど

光だけが光じゃないことだけは
太陽より知っている

そんな人生もワルクナイね




0 件のコメント:

コメントを投稿